image001.jpg

 






image002.jpg 


                 















                           Vol.14         

     
            
特集  宮城で鳥見(9〜11月編) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ネオポン

 

        2014年8月

             東海デジスコ倶楽部プラス  

image003.gif


配信停止、登録アドレスの変更など、お問い合わせは shiomie@na.commufa.jp へご一報下さい。

 




                 宮城で鳥見(9〜11月編) 

ネオポン

   宮城と言えばマガンで有名ですが最盛期は伊豆沼・蕪栗沼・化女沼に10数万のマガンが入るそうです。先陣は伊豆
  沼へ入り、平行して蕪栗沼に入ってきます。伊豆沼は非常に大きい沼なのでマメ粒程度にしか撮れないとか、カリガネ
  等を探せるのはベテランの世界だと聞いており、私のイメージでは大きな沼に集まるマガンの群れ、隠れる様に混じっ
  ているハクガンやカリガネを想像していました。

   ところが通常は沼でマガンを見ることは出来ないのです。彼らは夜明けとともに田圃へ出かけ日没になると沼へ戻っ
  てくるのが日課であり、日中に沼でマガンを見かけるのは皆無に等しいからです。

                                                  
        マガンは9月下旬頃から沼へ入ってき
image004.jpg      ますが、この時期が唯一沼でマガンの
      群れを見かける季節です。

 

      しかし、この頃の伊豆沼は一面ハス
      の葉が生い茂っており、マガンは遠くハ
      スの隙間にしか見ることが出来ません
      でした。しばらく眺めていると対岸で舞
      い上がる群れを確認です。

 

     対岸へ回り込むと1カ所だけハスが
      密集していないエリアが有り、マガンの
      群れを見る事が出来ました。

 

                              マガンは1羽飛び立つと右へ習えとば
      かりにみんな飛び立ってしまいます。
     (集団の中で最も警戒心の強い個体、
      若しくはボス役の個体に左右されます。)

 

                             マガンの警戒のポーズは首を伸ばし
      て警戒する対象物を見ているので直ぐ
      にわかります。この日は特に警戒して
      いる個体もいなかったのですが、10分
      くらい撮影していたらいきなり水面から
      飛び立って行きました
 。

       9月28日 伊豆沼     

                                                                             

 

 
 これだけのマガンが一斉に飛び立つと凄い迫力です。一瞬圧倒され、次に驚かせた(何に驚いたのかはわかりませ
  んが?)事への罪悪感が過ぎっていきます。マガン達は侵入者へ文句を言うかのように一斉に罵声を浴びせてきます。

  トビモノの撮影タイミングとしては絶好のタイミングなのですが、小心者の私は彼らの迫力に追われるようにこの場を後に
  しました。マガン達は何周か旋回した後元の場所に着水したもようです。

 

 image005.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




                                                 
10月12日  伊豆沼北側


    伊豆沼北側の田圃に餌を探しているマガンの集団がいました。首を伸ばして周囲を見る警戒のポーズです。

  とにかく首を下げるまでじっとしているしか有りません。落ち着いたら少しずつ退却の1手です。一斉に飛び立たれると

  胃が痛くなりますからね!

                                               

image006.jpg

















 
伊豆沼の隣にある内沼でもハスの上を飛び交うマガンを見る事が出来ます。内沼は伊豆沼より小さいので

マガンの撮影(特にトビモノ)には向いているかもです。上シーンは内沼付近の高台から撮ったものです。

                                                                                                     9月30日  内沼

 

 

 

 

 

image007.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 






    朝の飛び立ちは昨年整備された北側堤防がお勧めです。時期的には暗い時間帯の移動を考慮すると道路が
  凍結しない11月頃が良いかもです。                                           10月18日 伊豆沼

 

   伊豆沼の朝は神秘的で有り大迫力の世界でした。朝暗いうちからマガンやオオハクチョウの鳴き声が聞こえてきます。
  私には朝の挨拶に続き今日1日のスケジュールを打ち合わせているかの様に聞こえました。そして空が白みかけて来た
  頃、ウォーミングアップのパタパタをする光景が見え始め、気の早いグループが飛び立つ姿もチラホラ見えて来ます。
    本隊の飛び立ちは日の出頃にピークが有り大編隊が四方八方に散っていきます。この時のスケールは体験しないと味
  合う事は出来ないと思います、ウォーッと言いながら一斉に飛び立つ音、光、鳥の競演に目が釘付けになりました。
  関ヶ原の戦いで歩兵達が一斉に声を上げて先陣を切る光景はこの様など迫力の世界なのかな?と見たことも無いのに
  イメージしてしまいます。




image009.jpg















   太陽が顔を出すと周囲も一気に明るくなりますが、まだまだ撮影に適したSSは得られません。    11月1日 伊豆沼
   
この頃になると多少余裕も出てきます。 流し撮りを意識してみたのですが・・・・・。

image011.jpg

  「落ガン」                             




















10月28日 蕪栗沼

 

 

 image013.jpg

 

 

 

 

 

 

 

                                                          








 

 

  日没頃になるとたくさんのグループが沼へ帰ってきます。                                             10月28日 蕪栗沼

  この時外敵から身を守る為少しでも速く着水しようと錐揉みしながら下降するマガン達です。

                                                                                                  

   蕪栗沼の朝、散在する沼のあちこちから朝靄が立ちこめる中打ち合わせでもしたかの様に一斉にマガン達が飛び立

  ちます。地元の人達はこの中からハクガンやシジュウカラガンを探すそうです。考えられないですね!

  東海地方と比べてバーダー(カメラマンも含む)の数は圧倒的に少ない東北の地ですが、この時期になるとよく見かける
  様になります。野鳥や生き物に興味を持ち熱心に調べる人たちの数は東海地方より多いかも?この日も子供達にマガ
  ンの説明をするNPOの人達が来ていました。



















image014.jpg
                                                                                                     11月24日 古川

12月の声を聞く頃にはシジュウカラガンの姿を見る機会が増えます。最近は200羽を超えるシジュウ

カラガンが宮城の地に来ているそうです。但し、日によって現れる田圃が異なるので探すのは大変かも?

カメラマンの姿を探すなどはあてになりません、しっかり自分の目で探して下さいね!) 























 
                                                                                   11月26日 古川


                                                                                                                         

                                                                             
image015.jpgハクガンは色が白いので多少探しやすいのですが、群れの中に入ったり畦の影に入り込むと容易に

は見付けることが出来ません。しかも車で1時間くらいかかる広大なエリア(田圃が主体)で探す事に

なるのでシジュウカラガン同様気が遠くなる話です。でも探さないと出会うことはありません。(一定の

場所にいる事はあり得ないから、サンクチュアリー等で聞いても過去の事しかわかりません。)

 

                                              
            この頃になると山は雪で覆われる事も珍
           しく有りません。

                                                        私の好きな光景ですが雪山を背景に飛ぶ
          マガンや白鳥達!宮城で念願が叶いました。

                                          

                                                         東北の山は高度こそ低いですが北に位
          置しているので雪山を近くに望むことが出
          来ます。又、あちこちの田圃でマガン達が
          落ち穂拾いしているので雪山を背景に飛
          ぶ姿は比較的容易に見る事が出来ます。

 

                                                         勿論、このようなシーンを撮れる様にな
          った裏にはカメラ(ニコン1 J3)の力が大
          きく寄与しています。
image016.jpg
     
 

                                                                                                         11月23日 古川














 

                                       





image018.jpg











宮城県(西部)ではオオハクチョウが
圧倒的に多いです。南部の方へ行くとコハクチョウも普通に見られる様になります。

宮城の沼、川、田圃至る所でみかけます。  撮るのは難しいですがビルの谷間を飛んで行く姿はとても印象的です。 

                   10月21日

                                                
                                                                                                                     蒲生干潟はシギチで有名ですが
image020.jpg                                                                                                                   時期、種類ともに東海の干潟と変わ
                                                                                                                   りません。数的には震災以降減少し
                                                                                                                  たようです。他にも震災による地盤沈
                                                                                                                  下で干潟が減ったり、海岸沿いの堤
                                                                                                                  防工事で鳥見が困難になっています。

                                                                                                                  後背地の田圃も同様で震災からの
                                                                                                                  復活はまだ時間を要する感じです。
                                                                                                                  この日はタカブシギ、トウネン、キアシ
                                                                                                                  シギを見たくらいです。
                                                                                                                                        9月1日 蒲生




                                                                                                                   養殖池にミミカイツブリが来ていた

                                                                                                                          ので思わずシャッターを押しました。

                                                                                                                          三重では浜辺でしか見る事の無い

                                                                                                                          ミミカイツブリ所変わればですね!

                                                                              11月20日 蒲生



                                                                                                                                                                                                      
image022.jpg

                image021.jpg                                    宮城県の海岸沿いではコクガンを

                                                  良くみかけます。特に北部海岸が多いかな?

                                                  ここ蒲生干潟へも毎年来てるようですが
ロケ的にも北部海岸がお勧めです。 

             11月21日 蒲生                                          

                                                        

 

 


 

 

 

                                                

 image023.jpg

                                                                                          

 

 







                                               

                                                                       11月27日 仙台

  広瀬川ではオシドリ、カワアイサ、カワセミを見かけました。都市部を流れる川ですが、水が綺麗で喧噪感が無いので
 ノンビリ鳥見
出来ます。シーズンを変えて来てみたい所ですね!
 他にもハヤブサ、ツルシギ、チュウシャクシギ、チョウゲンボウ等を見かけましたが、この時期の「宮城で鳥見」
 やはり沼が凍る前のマガン撮影に目が行きますね!マガン達のスケールに光りを加味した画像!表現がとても難しい
 かと思いますが東海地方では見ることの出来ないシーンです。みなさん是非トライして下さいね!

 




   
★★ 編集後記 ★★★

     「宮城で鳥見」は三重をベースとする筆者が三重の感覚で鳥見をした記録で有り、地元をよく知る皆様には物足
らない、納得できない等、不備な点が多々あるかと思いますが、普通に目にする光景と言うことでご理解願います。

     雨により鳥見を出来ない日々が続きますがストレスたまってませんか?今年の里山は木の実が豊富みたいで若
鳥達の元気な姿が見られそうです。ストレスをエネルギーに切り替えて納得の鳥見をして下さいね!

     鳥見の経験年数ですが東海デジスコ倶楽部プラスでもニューフェースから10年選手まで幅広い構成となってい
ます。当然、鳥見への姿勢・思いも異なるものと思いますが、それぞれに「精一杯」、「思いやり」、「楽しむ」、これ
らの実践に励んで戴きたいものと思います。私達は知らない内に人に迷惑かけたり、思いこみで突っ走たりもし
ます。しかし、そこには悪気は有りません。「人の振り見て我がふり直せ」楽しい鳥見、楽しい出会いを続けたい
ものですね! (いやな経験をする事が有りましたら教えて下さいね!)

     甲子園夏の大会は序盤 強豪校と言われるチームが次々に敗れています。地域格差と言う言葉は無くなった
のかな? 私達の周りも情報化と言う波で田舎と言う環境が消えつつ有る様に感じます。良い意味での地域差、
伝統・特徴は消えないで欲しいですね! そして地元の鳥見、地元の野鳥をもっともっと大事にしたいですね、
野鳥の鳴き方にも方言?が有るみたいですよ!

     鳥涸れと言われるこの時期、高原や山などへ遠征され気分もリフレッシュされた事と思います。でもこの時期だ
からこそ身近な野鳥に目を向け新しい発見をするのも有りかもですね!そろそろ秋の渡りシーズンに入るかと
思いますが夏鳥、渡り鳥とのしばしのお別れ楽しんで下さいね!

★★★ ネオポン ★★★

 

 
         
ツリスガラ 第14号

  ★ 表題   「マガンが飛ぶ風景」宮城県の蕪栗沼は伊豆沼と合わせてマガンのメッカとなっていますが

中でも早朝の飛び立ちは野鳥ファンだけでなく多くのカメラマンを夢中にさせています。朝霧

立つ蕪栗沼から一斉に飛び立つマガン達! このスケールを是非肉眼で見て下さいね!

  ★ 画像  宮城で鳥見(9〜11月編) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ネオポン   

                    撮影機材  KOWA TSN-774+KOWA TE-17W+Nikon1 J3                          

  表紙                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ネオポン

   画像の著作権は画像提供者に帰属し、無断使用(転載・引用)は堅くお断り致します。

 
  ★ 編集(文責) ネオポン       neopon@digisco.com


   ★ 発行  東海デジスコ倶楽部プラス
     2014年8月21日発行

            次号は2014年10月末に発行予定です。