Vol.23         

 

      特集  宮城で鳥見(6〜8月編)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ネオポン

 

 

 

2017年10月

東海デジスコ倶楽部プラス 

         


   

      宮城で鳥見(6〜8月編)

                                                  ネオポン

 夏の鳥見は繁殖期の鳥見となるので出来るだけ恐怖心を与えないよう、デジスコを担いで散策すると言ったパターン

が多くなります。宮城ではどのような所で繁殖活動をしているのだろうか? @蔵王を中心とする亜高山帯及び山麓、

A池・湿地等の草原に対象を絞りました。

 探鳥を始めて思ったのは東海地区と違って何処へ行ってもカメラマンに会うことが無かった事です。必然的に自分の

五感だけが頼りの鳥見となり、鳥見を始めた頃の新鮮な時間を持つことが出来ました。

 

<蔵王>

平地が夏を迎える頃、蔵王はやっと鳥見シーズンに入り、小鳥達はアオモリトドマツの梢で美声を張り上げています。

中でも一際目立つのがコマドリの嘶きで谷の方から聞こえてきます。エコーラインの道路脇で囀る事も有りますが角度が

急な為、逆光・空抜けになりやすく撮影場所に苦慮します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 













 エコーラインから続くハイラインでは、早朝アカハラ、ウグイス、アオジ、コマドリの囀りに合わせて、カッコウやウソが

相槌を打つかのように鳴いています。この様な早朝のシンフォニーが聞こえるときは足下に雲海が拡がり、遠くに雪を

被った朝日連峰・飯豊連峰を見る事が出来ます。至福の時とはこんな光景を言うのでしょうね!

ハイラインの終点から登山道を頂上へ向かって進むと一際大きい声で囀っているビンズイを見ることが出来ます。

ウソのペアは黙々とタンポポの種子を頬張っており人が近づいても逃げようとしません。更に上へ向かって進むとイワ

ヒバリが岩の上で囀っています。また上空を見るとアマツバメやチョウゲンボウが飛んでいる所を目にします。勿論、

アマツバメは基本高速飛行ですが時々チョウゲンボウと遊んでいる事が有るので、こんな時ならデジスコでも容易に

撮る事が出来ます、是非トライして下さいね!

 

 鳥見としては頂上より谷の方が魅力的で有り、ハイライン、エコーラインから林道へ向かって進みます。林道を下り

始めるとホシガラスの鳴き声が聞こえて来ます。子猫の様な甘えた鳴き声が聞こえたら幼鳥が近くにいるので要注意! 

この時期ホシガラスは15001600m付近で子育しているようです。

 

 

 

 

 

                                                                            

 

 

            

                             6月4日

 

 

 





もう少し下ると松の木の上など高いところでホトトギスをよく見か

けます。道路脇で休んでいると目の前にとまる時も有るので気が抜

けないですね!

 また、この付近ではルリビタキも良く見かけますが、冬よりも警戒心

が強い様です。

 

御嶽山では2000m付近で見られるルリビタキですが、蔵王では

緯度の差も有り15001600mと若干低いエリアにいるようです。

夏のルリビタキは手強いですよ!

 

                                                                                                                       


                                                                                                                          
6月25日

                                                                                                                                                      

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 6月21日

 

 






林道を歩いていると良く耳にするのはメボソムシクイとコルリの囀りですがなかなか姿を見せてくれません。

戸隠高原でも経験した事ですが5月頃は目の前を歩いているコルリも、6月に入ると警戒心が強くなりブッシュの中や木陰で

囀る様になります、蔵王も同じなのかな?


コルリエリアを下った辺りでコマドリの嘶きが聞こえてきました。

アオモリトドマツの天辺で囀っているようです。

この時期、熊の出没も良く耳にする所ですが意を決して山中に入ってみました。

 

 高い木の上なのでどうしても空抜けになってしまいます。

コマドリの囀りは9時頃まで続きましたが以後ピタリと止んでしまいました。

次の機会にはもう少し付近を調査し、目線位置に近い所で撮りたいものです。

 

  

 

 

 

 

 

 

 

           6月4日

 




蔵王で最も広範囲に見られるビンズイです。

人なつっこい声で囀っているので気分をハイにしてくれます。

   



                                         
6月24日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビンズイはスキー場あたりから、エコーライン、ハイライン、更には頂上への登山道付近でも見ることが出来ます。

囀りに合わせてシャッターを切っていると時間の経過を忘れさせてくれます。

林道を更に下っていくとキビタキ、オオルリエリアへと続きますが、刈田峠まで引き返す事にします。

刈田峠からは林道で姿を見つける事が出来なかったメボソ

ムシクイがアオモリトドマツの上で囀っている姿を見る事が出

来ます。

 

ここではコマドリ、ウグイス、メボソムシクイ、カッコウ、ウソ、

コガラ、ヒガラ、クロジ、カヤクグリ、ミソサザイとの出会いも期待

できますが、交通量が多いときは注意して下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                                          6月25日





 

 駐車場付近にはウグイスがいっぱい、東海地方ではブッシュの中で囀っているか、たまに木の上に出てきて囀るウグイスですが、

蔵王では同じウグイスかと思うほど長時間堂々と囀っています。

 

 

 








                                                                    6月27日




 

 この付近では6月から7月にかけてカッコウやウソもアオモリトドマツの上で鳴いている姿を良く見かけます。

カッコウの鳴き声が聞こえてきたら声の方を注視してしばらく待機して下さい。運が良ければ近くまで寄ってきてくれる時が

有りますよ!

 アオモリトドマツにとまっているカッコウやウソは好きな構図ですが、背景に何を持ってくるか迷うところです。

花や遠くの山とコラボしたい所ですが慌てると空抜けピンボケ、更には逆光と後で見て愕然とする事が多いです。

良くとまる木をみつけたら背景及び構図も気にとめて待機していると良い様です、トライして下さいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                    

 

 

 

 

 

 

                                   

                                                                                       6月8日

 







 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



                                                                                                           6月27日



 

 

<荒沢湿原>

 山沿いの道を走っているとアカショウビンの鳴き声を良く耳にしますが、山が深くなかなか姿を見せてくれません。

荒沢湿原はノジコの繁殖地として有名ですがこの時期になるとアカショウビンも営巣地を求めてやって来ます。

また、この湿原は水芭蕉でも有名で沼の縁に湿地が拡がっています。 水芭蕉に隠れるようにクロツグミが歩き回り、

木々の上や草むらからノジコの囀りが

聞こえてきます。

 アカショウビンやサンコウチョウも

やってきます。                              


木道の上で様子を窺っていると気の

強いキビタキやオオルリが近づいて
ます。

 

 

 

 

6月27日

           
     
 
サメビタキもこのエリアまで降りてきました。(6月2日)
東海地方では1400m付近で営巣するサメビタキですが、標高の低い山麓の沼でコサメビタキとエリアを共有している事に
驚きました。               
所変われば・・・ですね!

 

 

 アカゲラ、アオゲラ、オオアカゲラもドラミングを響かせな
らこの湿原へやってきます。

この様に書くと野鳥の楽園の様に思えますが、撮影の立場
ら見ると湿地に集まるブヨの集団、ミズバショウの根を求
めて
近づいてくる熊の出現等々、東北の鳥見はハードルが
高いで
す。

 

 

 

                                                              

 

 

                                                              6月2日




 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                                                                                                    

 

                                                                      6月11日

                                             湿地の梢で囀っているノジコ!

 






<蕪栗沼・他>

 冬のガンで有名な蕪栗沼・伊豆沼周辺では葦原で繁殖するコヨシキリ、オオヨシキリ、ホオジロ、ホオアカがいっぱいいます。

托卵に来たカッコウ、居残りを決め込んでいるガンやハクチョウも伊豆沼や蕪栗沼で見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


                                      6月19日

 




 

中でもコヨシキリは小さい体で一際大きい声を発しています

コヨシキリ、オオヨシキリ、ホオアカ、ホオジロ達は蒲生干潟等の葦原でも見ることが出来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                      

 

 

6月22日


 

ホオアカはこちらでは高原での繁殖が状態化していますが、夏の宮城では平地でも繁殖しているようです。

アオジやコヨシキリと共に囀っている姿は大声選手権と言った感がします。

その他、公園ではオオルリ、キビタキ、サンコウチョウ、コサメビタキ、キツツキ等との出会いが有ります。

「夏の宮城」楽しみがいっぱいですね! 今回は触れませんでしたが泉ケ岳ではクロツグミ、ヒガラ、

キビタキ、オオルリ、ミソサザイ、アカハラ、クロジ、ノジコ、キツツキ類、トケン類が普通にいます。

オニコウベスキー場近くの草原・林ではノビタキも確認です。他、クロハラアジサシ、ツツドリ、オナガ等々、

短期間の単独鳥見でしたが充分に堪能する事が出来ました。宮城の鳥見! まだまだ自然がいっぱいですね!

 

 

 

 





    
  ツリスガラ 第23号

    ★ 表紙    広々とした蕪栗沼の梢で盛んに囀っているホオアカ! 赤い頬がフレンドリーに見えてとても

  親しみがわく鳥さんです。

    ★ 画像  表紙・宮城で鳥見(6〜8月編)・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ネオポン   

            撮影機材  KOWA TSN-774+KOWA TE-17W+パナGM1S(1232mm)   

                    KOWA TSN-774+KOWA TE-17W+Nikon1 J1 J3J4  

        画像の著作権は画像提供者に帰属し、無断使用(転載・引用)は堅くお断り致します。

    ★ 編集(文責) ネオポン       shiomie@na.commufa.jp

  ★ 発行  2017年10月22日発行

                                     次号は2017年12月末に発行予定です。