太平洋タイヘイヨウフェリー甲板カンパンからられる海鳥ウミドリタチ 2015/07/27 現在ゲンザイ
 今回コンカイ特集トクシュウ洋上ヨウジョウ鳥見トリミ主題シュダイとしていますが、太平洋タイヘイヨウフェリーの名古屋ナゴヤ仙台センダイ航路コウロをベースとしています。太平洋タイヘイヨウフェリーはシタ航路コウロ運行ウンコウしており、往路オウロ鳥見トリミ野島崎ノジマザキオキあたりから仙台センダイコウまでが対象タイショウとなり、復路フクロ仙台センダイコウから塩屋崎シオヤザキオキ区間クカン御前崎オマエザキオキから名古屋港ナゴヤコウまでが対象タイショウとなります。  太平洋タイヘイヨウフェリーはサラ仙台センダイ苫小牧トマコマイ航路コウロ運行ウンコウしており、こちらのルートに興味キョウミ海鳥ウミドリオオいみたいですが、今回コンカイ情報ジョウホウスクないタメさわりの部分ブブンだけ紹介ショウカイさせてイタダきます。
 太平洋フェリーは全長200mも有る大型フェリーで、揺れも小さく三脚を使用しての撮影も可能です。しかし、セン体が大きいためフネ近づチカズくと海鳥が逃げてしまうと言うデメリットも有ります。そこで遠くの海鳥でも撮影サツエイできるようにデジスコ(デジタルカメラ+スコープ)を撮影機材キザイとして多用しています。
                                                           
シュられるトリシュ
ミズナギドリケイ ヒレアシシギ アホウドリケイ トウゾクカモメ オオトウゾクカモメ ミツユビカモメ フルマカモメ ウミスズメ アビ類 ウミガモルイ
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
                                                           
フユ(12〜4)
ナツ(5〜7)
アキ(8〜11)
チュウチョウシュ季節キセツナツフユアキ)でククりましたが、実際ジッサイミダれるコトオオいです。詳細ショウサイ太平洋タイヘイヨウ航路コウロ月別ツキベツ情報ジョウホウ)を参考サンコウにしてクダさい。
☆ トウゾクカモメ * 冬場は全域で見られるが夏場は北海道に行かないと見られない。
* 仙台センダイ以南イナンではフユトリタダ東北トウホク北海道ホッカイドウくと夏場ナツバでもられる(キタ繁殖ハンショク
☆ アビルイ * 冬場は仙台以南で見られるが夏場は北上し、移動イドウ途中トチュウである青森付近での確認は難しい。
* 5ガツ北上ホクジョウ、12ガツ南下ナンカしてくる冬鳥フユドリ海上カイジョウではトクに2〜5ガツ面白オモシロ
* ウミれるとモグケイ海鳥ウミドリワルい、カモメケイがたまに程度テイド
☆ フルマカモメ * 冬場は福島・宮城でも見られるが夏・秋は北上し青森・北海道に行かないと見られない。
☆ オオミズナギドリ * 小集団ショウシュウダン通年ツウネンダイ集団シュウダントリヤマ)は3〜6ガツられる。
 伊良湖沖(9〜10月)では漁師の船の周りにいる事が多い。
☆ オオトウゾクカモメ * 5ガツ〜10ガツられるナツトリ南極ナンキョク近辺キンペン繁殖ハンショクキタ移動イドウ
☆ ウミツバメルイ * 5ガツ〜9ガツトク銚子チョウシ付近フキン東北トウホク北海道ホッカイドウエリアでられる。
☆ ハシボソ、ハイイロ、アカアシ * ミナミ半球ハンキュウのオーストラリア、ニュージーランド近辺キンペン繁殖ハンショク北上ホクジョウ 日本ニホンでは5〜6ガツコロられる。
☆ ハシボソミズナギドリ * 繁殖しない若鳥は通年日本ニホン近海キンカイでもられるが、繁殖を控えた成鳥セイチョウは北アメリカ沿岸を南下する。
☆ ウミスズメ * 冬場フユバ福島フクシマケンから宮城ミヤギケンられる。房総ボウソウオキ伊良湖イラゴ付近フキン青森アオモリ北海道ホッカイドウでもられる。
☆ エトロフウミスズメ * 2ガツ中旬チュウジュンから3ガツ中旬チュウジュンにかけて青森アオモリオキられる。