洋上ヨウジョウ鳥見トリミ名古屋ナゴヤ仙台センダイ航路コウロヘン+α)
 名古屋港ナゴヤコウを19:00に出発シュッパツしますがぐにクラくなるので、ずは風呂フロアセナガし、夕食ユウショクのバイキング
に舌鼓です。20:00からはラウンジショーをタノしみ、明日アス鳥見トリミわせて22:00には就寝シュウシンする
様に心がけています。
 季節キセツによりコトなりますが朝起きるとフネ千葉県チバケン野島崎ノジマザキオキから九十九里クジュウクリオキ付近フキンををハシっています。
イマからこのコース中最も鳥影が濃い房総ボウソウオキから鹿島灘カシマナダオキ通過ツウカするので朝食チョウショク行動コウドウショク準備ジュンビする
のがベターかもです。カメラの設置セッチ場所バショ天気テンキによりコトなりますが、逆光ギャッコウキラって進行シンコウ方向ホウコウ左側ヒダリガワ
来るだけ前方にスタンバイします。 タダし、撮影サツエイスペースがセマいのが欠点ケッテン快適カイテキれるのは2〜3メイ
だけです。この航路コウロ目的モクテキとするにはリスクがオオきいタメ、あくまで東北、北海道への移動手段として
利用リヨウするコトをおススイタします。
 このエリアではウミツバメ(5月〜7月)とアホウドリケイ通年ツウネン)のウミトリ目玉メダマとなりますが、春、夏、秋、
冬と1ネントオして海鳥ウミドリることが出来デキるのでご期待キタイクダさい。鳥山トリヤマトウ大群タイグンにすることもります。
<アシナガウミツバメ>
<クロウミツバメ>
<オーストンウミツバメ>
 銚子チョウシオキではミズナギドリタチがかたまってんでいるのをよくかけます。鳥山トリヤマ出会デアったトキはもう
興奮コウフンしてシャッターをしまくっています。銚子チョウシオキはミズナギドリ、ミツユビカモメ、ウトウ、ウミスズメトウ
種類シュルイカズテキにもオオ一年中イチネンジュウタノしむコト出来デキます。
 ナカでも一際ヒトキワオオきいアホウドリとの出会デアいは圧巻アッカンです。
<アホウドリ幼鳥ヨウチョウ
<アカアシミズナギドリ>
 海上カイジョウイソガしそうにハシっていくアカアシミズナギドリも気持キモちをハイにしてくれます。
 アカアシミズナギドリはクチバシフトくピンクイロをしているので比較的ヒカクテキ識別シキベツしやすいトリさんです。
<ハシボソミズナギドリ>
ハシボソミズナギドリが通過ツウカする時期ジキ(5〜6ガツ)はフネ併走ヘイソウしてんでくれるので海鳥ウミドリモット身近ミジカ
ることが出来デキます。おススめの季節キセツですね!
<ハイイロミズナギドリ>
ハシボソとオナ時期ジキハイイロミズナギドリも通過ツウカしてきます。両者リョウシャ区別クベツムズカしく撮影サツエイタイミングで
方がかなり変わるのでイマもハッキリ区別クベツ出来デキないでいます。
<ウトウ>
冬場フユバ関東カントウ以北イホクることが出来デキます。トクオオいのはウミスズメ同様ドウヨウ塩屋崎シオヤザキから東北トウホク沖合オキアイ
出会デア確率カクリツタカいです。ウミスズメより一回ヒトマワオオきくクロっぽい個体コタイばたきして姿スガタを見たら
要注意ヨウチュウイです。(季節キセツによりコトなりますが比較的ヒカクテキ小グループでんでるコトオオいです。)