塩屋崎シオヤザキ相馬ソウマオキ & 仙台センダイ以北イホク
このコースは午後ゴゴ通過ツウカしていくエリアですが、冬季トウキ潜水センスイ得意トクイとする冬鳥フユドリタノしむコト出来デキます。
識別シキベツムズカしいアビルイですがシロエリオオハムは飛翔ヒショウえるシタツツクロセン目印メジルシとなり、
比較的ヒカクテキ容易ヨウイ識別シキベツ出来デキます。
<シロエリオオハム>
しかえないトキ多分タブンうことになりますが、このエリアではシロエリオオハムがオオヨウオモいました。
<ハシジロアビ>
 ハシジロアビクチバシ特徴トクチョウり、ウンければることが出来デキます。 
苫小牧トマコマイまで船上センジョウであれば比較的ヒカクテキ出会デアいのチャンスもてきます。
冬鳥フユドリタノしみとえばやはりウミスズメです。ウミスズメは11ガツから5ガツコロまでコト出来デキますが、
ガツ、4ガツモットもサービスがいようにオモいます。このコロ比較的ヒカクテキチカくでることが出来デキるのと
集団シュウダン規模キボオオきくなってコトです。2015ネンには数百スウヒャク大群タイグンることが出来デキました。
<ウミスズメ>
 ハルアキワタりのシーズンにはヒレアシシギの大群タイグンくわすコトります。
カラダチイさいですがフネソバまでコトりワクワクさせてくれるトリさんです。
<アカエリヒレアシシギ>
<ハイイロヒレアシシギ>
<オジロワシ>
エリアガイですが冬場フユバ仙台センダイコウオキアラワれたオジロワシです。
<クロガモ>
仙台港センダイコウではたまにクロガモトウ沖合オキアイてきます。
<シノリガモ>
冬場フユバ洋上ヨウジョウんでいく姿スガタることもります。 (仙台センダイ以北イホク
<ミナミオナガミズナギドリ>
北の方へ行くとこちらでは見られない鳥に出会うことが有ります。(仙台以北)
苫小牧トマコマイ途中トチュウ出会デアいました。ナニもわからずにってました。
<コオリガモ> 北海道ホッカイドウ
<ケイマフリ> (仙台以北)
<ハシブトウミガラス> (仙台以北)
<ウミガラス> 
別名ベツメイオロロンチョウともわれているウミガラスですが冬場フユバ出会デアうことが出来デキます。
<フルマカモメ>
普通は北海道付近で見ることが多いフルマカモメですがたまにこのエリアでも見る事が有ります。
<オオトウゾクカモメ>
クロ褐色カッショクケイのズングリしたカラダばたく姿スガタ比較的ヒカクテキ容易ヨウイ見分ミワけるコト出来デキます。
本州ホンシュウ北部ホクブから北海道ホッカイドウにかけてオモ夏場ナツバコト出来デキます。